dj_top

noru。

Author:noru。
とにかくジュンスが大好き。
おっぱと呼べないのが悲しい~

けど。ジュンスとJYJを応援しながら楽しく暮らしています。

韓国語の勉強を開始したところ。。。^^;

未分類 (70)
ジュンス (104)
サッカージュンス (19)
JYJ (237)
ツイッター (84)
JYJの曲 (10)
天国の涙 (26)
モーツァルト (18)
ジュンス家のペット (8)
World Tour Concert (38)
JYJ Unforgetable LIVE CONCERT IN JAPAN 2011" (0)
旅行記 (9)
韓国情報 (4)
ミュージカル&舞台 (7)
携帯から。 (4)
Private room (1)
断捨離レポ (8)
エリザベート (8)
1st Wolrd Tour xia (3)
ミュージカル俳優 (0)

現在の閲覧者数:

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

このブログをリンクに追加する

QR

全ての記事を表示する

 Junsuと共に歩む。。。アラフォーの日常のつぶやきです。  
http://noru1005.blog71.fc2.com/
sen
--.--.--(--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2013.05.28(Tue) 18:15
イ·ジフン·ウンテ·ユンヨウンソク...
    "エリザベート" 1次キャスティング公開


20130528175133_5554.png

▲ "エリザベート"(左上から)イ·ジフン、パク·ウンテ、ユンヨウンソク、ミン·ヨンギ、イジョンファ
     [写真= EMKミュージカルカンパニー]

(ニューストゥデイ=ガンイスル記者)
ミュージカル"エリザベート"は、来る7月芸術の殿堂での公演を控えて2013年に出演俳優を公開した。

"エリザベート"は実在したオーストリアの皇后エリザベートの生涯に"死"というファンタジー的要素を加えたストーリーと世界的な作曲家シルベスタールベイの壮大な音楽が一体となり、個性の強いキャラクターと実力のあるアンサンブルのハーモニーが魅力的な作品である。

エリザベートが"死"を愛していたと主張して観客を劇の中に導いていく解説者"ルケニ役には、最近のドラマ"最高だ李'に出演中である歌手兼俳優イ·ジフンと昨年ルケニ逆に助演男優賞を受賞したパク·ウンテがキャスティングされた。

今年初めて"ルケニ'役を引き受けたイ·ジフンは"昨年"エリザベート'を見てルケニという役割の魅力にすっかりはまった。

初演俳優たちがあまりにもよくいただき負担感がありますが、一生懸命練習して自由奔放で情熱的なルケニの魅力をよく表現してみたい"と所感を明らかにした。

巨大なハプスブルク帝国を支配した支配者であり、生涯エリザベートだけを愛した皇帝"フランツ·ヨーゼフ役には、ミュージカル俳優ユンヨウンソクとミン·ヨンギが初演に続いて、再び舞台に上がる。

また、 "再演でもぜひまた見たい初演俳優"と手数えられたイジョンファも"ソフィー大公妃役で"エリザベート"と続けている。

"ソフィー大公妃'は、フランツ·ヨーゼフ皇帝の母であり、エリザベート皇后の義母に自由を夢見るエリザベートに絶えず皇居のマナーや法を強要し葛藤を起こす人物である。

最後に母エリザベートの自由な思想と豊かな感性をそっくり息子'ルドルフ皇太子役には俳優キム·イサク、露地くんが務める。

キム·イサクはエリザベート公開オーディションを通じて選抜され、ノジフンはMBC '偉大な誕生-シーズン1'出身で、すでに歌唱力を認められた。

パク·ウンテ、ユンヨウンソク、ミン·ヨンギ、イジョンファなど初演を成功に導いた俳優とイ·ジフン、キム·イサク、ノジフンなど、新たに参加することになった俳優たちがどのような呼吸を見せてくれるか期待感を高めている中で、まだ公開されていない"エリザベート"と"死"役への関心が高まっている。

次のキャストは、来る29日公開される予定だ。ミュージカル"エリザベート"は、来る7月26日から芸術の殿堂オペラ劇場で会うことができる。




 肝心のエリザとトートのキャスト発表は明日なのね~~

     ドキドキ 
 
スポンサーサイト
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.12.01(Sat) 20:02
唐突だけど。。。

再来週、アイーダと皇太子ルドルフを観に行くので予習中。^^。


大好きなソナさんがなんて言ってるのか知りたくて。

頑張って訳してみました~~

 勉強~勉強~~~




http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=7-Xr2AYj1pg


こんにちは。 

私はミュージカルアイーダでアムネリス役を引き受けたチョン ソナです。

アムネリスをするならチョン ソナでしょう?(笑)

私が本当にあまりにも愛する作品で舞台でアムネリスである時いつも幸せだったし

あまりにも可愛らしいキャラクターといつも思いました。

何か、漫画みたいな?童話みたいな? そんな感じがするでしょう?

そして今度 最強キャストで又新しく、見る方々が本当に可愛らしくてとても幸せな 

そんな気持ちを伝えれるように努力します。

比べることの出来ない 感動の舞台ミュージカルアイーダ ファイティン!!






    



http://www.youtube.com/watch?feature=fvwp&v=wypzWmAJ5hQ&NR=1



      ソナさん可愛い~~~~


    ソナさんのアムネリス生で観るの楽しみです~~~~❤
 
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.03.05(Mon) 08:23
大阪公演初日のハムレット観覧。^^。




1330589083934.jpg

   反射して綺麗に撮れなかった・・・


シアタードラマシティ_convert_20120305073411

今日の会場は少し小さいドラマシティ。



1330589087457.jpg

   パンフレットを購入して予習しようと早めに到着したんだけど

   ドラマシティの入り口がしまってて・・・

   横の珈琲の青山で時間つぶし。。。ってミックスサンドまで^^;





井上君   彼女    

むろい  かなめちゃん  兄  

山路  ハムレットチング


【キャスト】

ハムレット:井上芳雄
オフィーリア:昆 夏美
レアティーズ:伊礼彼方
ホレーショー:成河(ソンハ)
旅芸人/亡霊:阿部 裕
ポローニアス:山路和弘
ガートルード:涼風真世
クローディアス:村井國夫






【ストーリー】

私の愛と苦しみを神だけが知っている。

ある時代のデンマーク。
王が急死し、その弟であるクローディアスが王位に就き、先王の王妃であったガートルードを妻とした。

しかし、王子ハムレットは、亡き父・先王の霊から死の真相を聞かされる。
それは、クローディアスが先王を毒殺したというものであった。

真実を知ったハムレットは、突然狂気にかかったかのような言動を始める。
それは恋人のオフィーリアを傷つけ、さらにはその兄レアティーズ、父ポローニアスをも巻き込み、
血で血を贖う陰謀と復讐が王室内に渦巻いてゆくのであった…。





 もっと難しいのかと思ってたんだけどロックやジャズなどの軽やかなテンポで

 転回して行くストーリーがとても斬新で分かりやすかった^^ ほっ。

 井上君のハムレットって感情があまり表情に出さないのかな? 

 スマートな感じがした。

 オフィーリア役の昆 夏美さんはとても可愛く歌がとてもお上手で兄レアティーズ役の伊礼彼方さん

 との『』って言うシーンで歌う曲の


   「シスタ~~~~~」

      「ブラザ~~~~~~~~~」

 
    が耳から離れない。。。あはは^^


  年期の入った山路和弘さんの余裕のある滑稽な演技には笑わせてもらったし、

  村井さんの低音の歌声に聞き入ってしまった。。。

  かなめちゃんが歌うと今だにパックを思い出してしまう~ぷっ^^;

      妖精パック
      img_475249_13597379_0.jpg







  はぁ~、ジュンスだったらハムレットをどう演じるだろう?

  見てみたいなぁ。。。


  韓国版ウンテさんのハムレットも是非見てみたい!

  はだけた胸元が半端なくセクシーだとか。。。fufu^^



  
     
  Z.png


Aハムレット_convert_20120305133143
z2.png
Z3.png
z1.png
 


ダイジェスト映像はここから。^^。 
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.06(Mon) 22:18
あんにょん。


昨日の感想を。。。←(更新が一日遅れた^^;)

いっぱいって帰ってきました~~

声あげて突っ込みまで入れてしまってたよ~ ^^;

楽しくてコミカルで軽く見れるお話。。。かな。

の中にも涙もほんの少しだけ。。。あり~の。

あっ、がいっぱ~~~いのお話だわぁ!


男優さんたちのホモ役がお見事!

宝塚歌劇顔負けのショータイムの場面が華やかで美しくって。。。可笑しくって。ククッ

そしてなにより市村正親さんも演技が素晴らしかったです!

きっとアドリブも入ってたよね~ 共演者が下を向いて肩を震わせる場面が何度も~

でも一幕の終わりに市村さんが歌う『ありのままの私』に涙してしまいましたTT


ほとんど2幕から登場する た~たんも素敵でした~

た~たんの張りのある声~❤。コミカルな演技もばっちりでした^^


で、ですね。。。

観ながら市村さんがジュンスだったらって想像してしまうんですよね~ぷっ^^

ジュンスがホモ役って想像すると怖いんですが・・・

      反面、ミュージカル界での生涯の中でいつか。。。



本当に市村正親さん素晴らしかったです。






ra107.png



cast_ichimura.jpg cast_kaga.jpg cast_kouju.jpg



物語

南フランスのサントロぺ。今宵もゲイクラブ「ラ・カージュ・オ・フォール」のネオンがともる。
 オーナーのジョルジュ(鹿賀丈史)とクラブの看板スター"ザザ"ことアルバン(市村正親)は、この20年間、事実上の夫婦として生活してきた。アルバンはこのところふさぎこんでいて、出番に遅れることもしばしば。愚痴をこぼすアルバンと、そのごきげんをとるジョルジュ―いわば2人は倦怠期なのだ。やるせない気持ちのアルバンだが、鏡に向って化粧をし衣裳をつけ、偉大なる"ザザ"へと変身するのだった。

 ジョルジュには24年前のたった一度の過ち(?)から生まれた最愛の息子ジャン・ミッシェル(原田優一)がいる。以来、アルバンが母親代わりとなり、手塩にかけて育ててきた。そんなジャンが突然結婚を宣言、恋人アンヌ(愛原実花)の両親・ダンドン議員夫妻(今井清隆・森公美子)が会いに来ると告げたことから騒動がまきおこる。

 ジャンはジョルジュに、保守的な政治家として知られるダンドン議員の前で、一晩だけまともな家族に見えるよう取り繕ってくれと頼み込み、その上、ずっと会っていない実の母親を呼んでくれと言う。それはジャンを育ててきたアルバンにとってひどい仕打ち―。しかしジョルジュの説得にアルバンも納得。叔父として振舞うため、男らしい立ち振舞いのレッスンを始める。

 ところがジャンの母親が急に来られなくなったから、さあ大変!アルバンはついに女装して母親になることを決意する。アルバンの機転によって馴染みのジャクリーン(香寿たつき)の店での食事はひとまず大成功に思えたのだが、いつもの癖でアルバンがカツラをとってしまった!絶対絶命の危機!!果たしてどうなる・・・!?


102_convert_20120205214652.png
ra104_convert_20120205214716.png

ra105.png
ra106.png


私を泣かした市村さんの『ありのままの私』


http://www.youtube.com/watch?v=cgRhdFiq31o

 


 。。。

 ありのままさ 言い訳はするものか

 胸をはって引き受ける どんな賭けも

 一度だけのこの人生

 自分のカードは 自分の手で撒く

 どんなカードが来てもいい  そうよ!

 私は 私よ!




 




 

  すべてを受け入れ

  自分らしく生きよう。



     今までのように

          これからも。。。

   
Trackback(0) Comment(0) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
2012.02.04(Sat) 11:39
ぽかぽかいい天気の土曜日。

到着。






12時半の開演まで会場の前のスタバで時間潰し^^ 
Trackback(0) Comment(2) 
編集[管理者用] このページのトップへ 
 
Copyright © 2017 ノルの日記。。。 Angel☆XIAH , all rights reserved.
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。